WILLのコンセプト

『WILL』のそれぞれの文字が表すもの

 


 WILLは、WORK(ボランティアワーク、ワークショップ、ワークキャンプ)に注目します。

 

<社会問題の数だけボランティアがある>と言われています。

ボランティアは、各専門性の境界を越えやすい社会装置ではないでしょうか? ボランティアを通してわれわれは多様な問題に気づかされ、その場で追求されている「理想」を知ることになります。どんなボランティアでどんな社会問題に気づかされるのでしょうか?

 

<ワークショップの可能性は?>

参加者同士がゆるやかにつながり、互いの主体性が生まれる技法は、多種多様です。時・場・人・目的・環境にそくした技法の開発とその意味・効果を考えていきます。

 

<ワークキャンプに光が見える!>

 人との出会いが苦手な人、集団のなかに自分を置くのに躊躇している人、そんな人たちが小さな自信を抱き、同時に、当たり前と思ってきたことを改めて見つめ直す「場」として、ワークキャンプに注目します。ワークキャンプは、われわれに、身と身の関係性(あるいは場の身体性)の大切さを教えてくれるのではないでしょうか。

 

Work

​Inclusion

<あらゆる人と共に感じ学び動く!>

 考え・行動する主体は、WILLメンバーだけではありません。

WILLでは、すでに協力団体で活動している人たち、そこに集まるたくさんのボランティアとともに、ESDを考えていきます。

そして、WILLでは「みんなが主役」。障がいのある人、国籍の違う人、年齢の違う人など、メンバーはそれぞれ異なる個性を持っています。WILLはありとあらゆる人を「包摂」し、メンバーの個性によって、柔軟に変容していく集団づくりを意識しています。

Life&Love

ライフスタイルの変容・いのちの持続性

ワークを通じて多様な価値観に触れることで自分のライフスタイルを見つめ直します。

​あらゆるいのちを大切にできる持続可能な社会をめざし、つながりを築ける場を創っていきます。

持続可能な環境や社会に変えていくには...?

・社会的に分断させられている人々、没コミュニケーションを特徴とする現代人が、手を合わせて未来をみつめた社会づくりの担い手になるには、どのような場や仕掛けが必要なのでしょうか?

 ・特定の領域で専門性を究めようとしている人たちが、互いを尊重し合い、力を合わせるには、どのような場や仕掛けが必要なのでしょうか?

 ・ややもすると利害が対立している人たちが、互いの立場や歴史を理解しつつ、未来に向けて問題を解決するような一歩、出会いが生まれるには、どのような場や仕掛けが必要なのでしょうか?

 ・社会構造の変化、ライフスタイルの変化を、あらゆる人々の丁寧な活動のなかで生むには、どのような場や仕掛けが必要なのでしょうか?

​ESDとWILL、SDGsとWILLの関係

<ESDとWILL>

 ESDのEは、一般には、Educationの頭文字ですが、それをさらに細かく考えると、EmpowermentのE、EnhancementのE、あるいは、EncounterのEともいえます。WILLは、狭い意味の教育ではなく、今、まさにここで力を発揮する環境や仕組み、あるいは、偶発的な学びを生み出す出会い方にこそ、注目します。人間形成を支える広い意味での教育を考え、生み出そうとするプロジェクトです。

 

<SDGsとWILL>

ESDはE for SD(Education for Sustainable Development)のことですが、EとSDの関係は、常に考え続けられなければなりません。ちょうど、民主主義を学ぶには民主主義の土壌が必要であるように、SDの活動の中にEがあり、Eを通してSDが生まれる。WILLは、EとSDの相互的かつ一体的な関係を常に問い続けていきます。そうした意味で、SDGs(持続可能な開発目標)とEの関係を問い続けるのも、WILLの目的です。与えられた目標ではなく、われわれの目標として適切であるか否かを考え続けるのもWILLのなかで、多くの人と共に進めたいことです。

異なる経験や背景を持つ人々との出会い

      衝突しながらも繋がる

 

 

 

 

 

自己の行動、ライフスタイルの変化

         

 

       

 

 

社会、環境の変化

​自己や社会を見つめ直す
​周りの人を誘い共に動く
​事務局:神戸大学ヒューマン・コミュニティ創成研究センター
​E-mail:purattofomus@gmail.com
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now